GoogleMapsAPI登録で注意したい点

GoogleMapsAPIはグーグルアカウントを持っていれば簡単に登録できますが、2点注意したいところがあります。

1つ目は無料枠を利用するか、2点目はクレジットカードでの本人確認をするかです。

GoogleMapsAPIは古くから無料で使える無料枠を用意しています。

無料枠は1日あたりの利用数と90日での連続利用においての枠とあります。

どちらの場合も地図を呼び出すだけなら無料で使えるのですが、地図に付随している各種データ、例えばお店情報、ジオデータ、距離、ルート検索などのサービスを利用する際には1日あたりのAPI呼び出し数で制限があります。

Google Maps API for Workの情報探しはそれほど難しくありません。

制限を超えた場合はエラーが返されますが、課金することですぐに利用再開できます。

livedoorニュースの有益な情報を提供します。

また、1日毎の計算なので個人や小規模サイトではほぼ問題ないと考えられてます。GoogleMapsAPIは登録が無料ですが、無料枠は2段階です。通常は本人確認が無いのですが無料枠は少なめに設定されます。

登録に際し、クレジットカードやデビットカードでの登録があれば本人確認が行われて無料枠が大幅に増やされる事になります。

無料枠としてはウェブとアプリ利用で変わってきますが、アプリでの利用では1日あたりの利用枠が15万件まで増やされるので大変おとくになります。



登録は数分で終わり、すぐにAPIキーが発行されますが、ウェブ、アプリ問わず無料枠を増やすために本人確認をすることをおすすめします。

Copyright (C) 2016 GoogleMapsAPI登録で注意したい点 All Rights Reserved.